授業や会議中にあくびが出る理由と他人へ伝染する理由

スポンサーリンク

面白くないと感じた授業や会議であくびが出た経験ってありませんか?

今回はあくびが伝染する理由とあくびが異常に出てしまって困っている人のためのあくび対策方法について紹介していきます。

ジョイマン
昔からあくびは他人に伝染するとも言われてて、実際に私もたくさんのあくびを貰ったり移したりしてきました。

一般的には授業中や会議中にあくびがでるのは「やる気が無い」と思われてしまい立場によっては激怒されることもあるでしょう。

私自身は面白くない授業をする先生の教え方が悪いと思ってました。(今でも思っています。)別の先生に学ぶと同じ内容でも伝え方が違っていて集中できた経験があるからです。

教えるのが上手い人は伝えるコトが目的ではなく、受け手に伝わるコトが目的と考えているため眠くならない工夫がたくさん仕掛けられていたりします。

あくびはどんな時に出るのか?

人それぞれ理由はあるとは思いますが、あくびが出る時は眠い時、退屈な時、疲れを感じた時など不随意的に起こる呼吸運動で血中の酸素が欠乏したときに起きる生理現象です。

血中の酸素が減少したときに起きる生理現象なものですからあくびが出る理由があります。

それはより多くの空気を肺の中に吸い込もうとして大きな口を開けてしまうのです。

あくび=眠気を醒まそうと努力してる

ここで間違って欲しくないのは眠気を誘発してしまう環境が確かにあるという事です。

実はやる気や集中力は無関係なのがあくびです。

むしろ、あくびは脳に刺激を与えて目を醒まそうと努力している現象なのです。

では、どんな環境が眠気を誘発してしまうのでしょうか?

  1. 睡眠時間が不足している
  2. 睡眠の質が悪く快眠できてない
  3. 単調なリズムで時間を過ごしている
  4. 締め切った部屋に複数の人数がいる

上記の中で1と2は個人的な原因かも知れませんが、3と4に限っては同じ環境にいる全ての人があくび予備軍で待機している状態なのです。

つまり、誰かがあくびをしたのを目撃した途端に「そうそう!そうそう!俺も単調リズムで飽きてきたし、酸素不足だったんだよな〜!」と同調してしまうからです。

生徒の授業中のあくびを辞めさせたい方へ

もし、この記事を読んでいるあなたが生徒の授業中のあくびで悩んでいるなら怒らないであげてください。

授業中にあくびをすると叱られますが、あくびは何とか眠気を醒まして起きようとしている努力の現れだと言うことです。

誰かが授業中にあくびを始めたら、単調なリズムになっている可能性や締め切った室内の酸素不足かも知れないと教えてくれている要注意シグナルです。

生徒のあくびをキッカケに空気の入れ替えをして新鮮な空気でリセットして学習効率を高みてはいかがでしょうか?

会議中での社会人のあくびについて

社会人になったら学生時代と違うのだから、会議中のあくびはタブーだろ!と思うかも知れませんが、学生時代と社会人って肉体的に大きな変化はありません。

単純に無駄な時間が多かったり要点がまとまってない会議になってないか、会議の成果をチェックする必要がある可能性があります。

まとめ

確かに人前であくびをするのは集中力が無い現れだと判断されても仕方がないコトなのかも知れません。

でも、もしあなたがあくびを目撃する立場であるなら、空気を入れ替えたり、要点をもっと上手くまとめたり、伝える側がより伝わり易くなる方法を考え、語手として成長できるキッカケだと切り替える事も検討してみて下さい。

逆にあなたがあくびをする立場であるなら、自分自身で積極的に単調なリズムを変化させる意識を持ったり、別の楽しみ方を主体的に探し出すようにゲーム感覚で授業や会議をしてみてください。

当然ながら睡眠環境を改善してハイパフォーマンスを発揮できる準備をしておくことで、人生を無駄にしない最高の時間に集中できるようになりますよね。

関連記事>>朝起きられなくて辛い場合や昼間でも眠い人に効く!快眠方法12選

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です