DME:第01週目のスケジュール(1日〜7日目)

DMEの細かなテクニックについて話して行く前に、まずは全体像からどのような流れであなたの日常生活が少しずつ進化していくのかについて話していきます。

多くの人たちはこの全体像を知らないコトで、ストレスで眠れなくなったり、ガンとかで病気したりヘルニアで腰が痛かったり、朝目覚めた時に首に激痛が走ってたり、夫婦関係が悪くて浮気されちゃったり借金したりしているわけです。

でも、今日からのあなたは少しずつでも着実に進化していくことができれば、グッスリ眠れて健康になれるし、仕事が上手くいって収入がどんどん増えながら、夢や目標を自由に叶えながら家族からも愛され幸せに導いて上げることができるようになります。

第1週目のスケジュール(1日〜7日目)

DMEの最初の1週間となります。今回のプログラムの中では特別ワークと睡眠記録を残して行くために新しいA4ノートと書きやすいボールペンを用意してください。

準備できましたか?では早速始めます。

初めてのアクションの解説:

私たちは日常の中で認識できないようなストレスや不安を感じています。あるいは無視して気づかないふりをして我慢のフタを閉じてしまっています。

そこで先ずはあなたの深層心理に眠っている悩み、不安、問題、フラストレーションを全て全て全て紙に書き出して下さい。これは全ての内容を解決するために書き出すというよりも無意識に感じている不明確な物から認識するためのワークです。

そして、朝起きて活動開始から寝るまでの活動終了時間まで、スタート時点から人間の身体が正常に活動できるように肉体面と精神面から今までの眠りが浅かったり寝付きが悪かった原因を浄化していきます。

最初は起床してからできるだけ早く水を飲んで水分補給すること、朝陽を眺めて睡眠ホルモンのメラトニンをリセットすること、1回3分間の瞑想を行うことだけですので、ここまでに5分間くらいで終了する内容です。

朝起きが苦手でも5分間から始められる内容ですので、まずは疲れない身体作りの基礎から7日間実践していきましょう。

特別ワーク:

30分〜60分間だけ自分だけの静かな時間を作ってください。そして、あなたが日頃から感じている悩み、不安、問題、フラストレーションを全て紙に書き出してください。家族や職場などで行うと気が散るって全て書きだせない場合があるので、できるだけ静かな空間で行ってみて下さい。

頭の中で無意識に働きかけている悩みや不安などを紙に書き出すことで、睡眠中の脳がリラックして休息の質が高める効果があります。

参考記事:

 

アクションリスト
  1. 現在地と目的地を明確にしてコミットメントカードを作る
  2. 朝起きて目覚めてすぐ水を飲む
  3. 朝陽を10秒間眺める
  4. 毎朝1回3分間だけ瞑想する

睡眠の休息力を強力サポート

毎日忙しくて睡眠に不満がある方を休息サポートするNEMLINA(ネムリナ)について紹介しています。不安やストレスが多い日常を過ごしている方に向いています。

仕事へのやる気を失ってませんか?40代からの不調の原因は栄養不足です。男性に必要な栄養素を補給できれば、夫婦生活に限らず仕事後の疲労感が全く変わります。