生え際の後退させる原因はあなたの昼食に潜んでた!

スポンサーリンク

おでこからの髪の毛の生え際って男にとっては生命線と言いますか、だんだん後退していく様子を為す術無く過ごすのは辛い事です。

そこで今回は生え際の後退を食い止めるべく、その原因について理解を深めることで自分にあった改善策を発見してみてください。

昼食の食習慣が及ぶす健康な髪への危険信号

仕事で忙しくなると食事の習慣が乱れやすくなります。お腹が空いたら胃袋に何かを突っ込めば良いかというと決してそんなはずもなく、何を食べるかによって人生のパフォーマンスが大きく変化します。

それはお腹周りの脂肪量や髪の健康状態だけでなく、体臭や集中力などにも大きな影響を及ぼします。

お昼ごはんに何を食べようかと考える習慣を変えるだけで仕事の集中力が高まり成績もグングン伸びたという報告も多数あります。

コンビニ弁当、インスタント食品の添加物を避ける

誰もが解っていながらついつい食べてしまうのがコンビニ弁当やカップラーメンなどのインスタント食品です。確かに味も濃くしっかりしてるので美味しいのですが、体内での悪影響は計り知れません。

例えばカップラーメンは栄養学的に言えば、胃で消化される際のエネルギーだけを消費して、腸で体内に吸収される栄養素がほぼ無いのでゴミとも表現されます。つまり誤魔化しているだけ体は枯れている状態です。

髪の毛さん
ゴミは言い過ぎだけど、確かにインスタントラーメンを食べても僕たちは力が出ないな〜。

栄養が極貧なわりに食品添加物が多いので、血液がドロドロして流れを悪くしたり、頭痛や目眩を引き起こす疲れやすい体になってしまいます。

つまり胃袋に何かを入れば良いという考えは危険ということです。

炭水化物を調節して集中力を高める

ご飯やラーメンなどの炭水化物を減らすと仕事の能率が高まるのを知ってましたか?私も白飯は大好きなので100%我慢せずに調節をしています。

炭水化物をガツガツと摂取すると睡魔に襲われて仕事能率が落ち単純なミスが増えます。仕事のストレスが増えれば円形脱毛症になることもあるので、昼間の眠気を引き寄せない食事習慣を持つことが超重要です。

肉食と菜食どっちが生え際を守れるか?

肉食中心の食生活の場合は男性ホルモン値が増えやすく、男性ホルモンが増えると禿げやすいという誤解が多く見受けられますが、肉食中心だからと言って生え際が後退したり、薄毛、ハゲの原因となるわけではありません。

ただし・・・

どのような品質の脂を摂取しているかが鬼ほど重要ポイントです。外国産の低品質の脂の乗った肉ばかりを食べているとかなり体臭がキツくなるのが理解ります。

それほど消化に負担がかかり体内に蓄積される物質が毛根を濃い脂まみれにしたり、さまざまな悪影響を及ぼします。

更には最近の流通している外国産の安いお肉は遺伝子組み換えで育った牛や豚なので、低品質の餌でも肥満体質になりやすいので、成長サイクルが早まりますよね。

つまり食品会社が儲かるために、消費者には遺伝子組み換えで低品質の餌でしっかり肥えた牛肉、豚肉がたくさん出回っているわけです。

最強の食事のはじまり

タンパク質を摂るなら豆類が最強ですね。

オメガ3と呼ばれる脂質も生え際が後退する原因を根本から改善するために素晴らしい効果があります。

青魚、えごま油、アマニ油、シソ油などです。

「今食べたいから食べる!のではなく、あなたがどうなりたいから何を食べるのか?」という視点で食生活を見直すと生え際の後退で悩む時間が確実に減っていはずです。

まとめ

まとめと言いますか余談ですが、動きが早い生物の油は基本的に人体の能力を高めてくれる働きがあります。

オメガ3の分類の中に青魚が含まれているのも、青魚は泳ぐのが早いですよね。逆に牛とか豚ってどんな動き方をしていますか?かなり遅いですよね。

あなたが摂取する油が生成される環境の違いで人体に及ぼす影響は1回2回の食事では変わりませんが、2年、3年、5年、10年に渡って100回200回と1000回と積み重ねた場合に、老後に入院生活か元気に走り回って趣味を楽しんでいるか大きな違いを生みます。

「今」だけに注目せずに長期的に「あなたがどんな体型で髪型を夢見ているのか」について改めて考え直してみるのも良いかも知れません。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です