初詣とはいつまでに行くのがご利益があるのか?

スポンサーリンク

初詣はいつまでに何回いくと更にご利益があるのかを紹介したいと思います。初詣は三が日に行くと思いがちですが、初詣は松の内までにいけば良いという地域もあるそうです。○○神社と○○天満宮の違いについても解説します。

※喪中の人は松の内であっても神社参りは避けてお寺にお参りは大丈夫です。これは神社とお寺での「死」に対する捉え方の違いからとも言われています。

関連記事>>【絶対に損しない】正月休みでお金を消耗しない家族での自宅の過ごし方!

松の内とはいつまでの期間を指すのか?

松の内とは、正月に家の玄関や神社などの正面に松を飾ってある期間のことを言います。

毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様(年神様)が、迷うことなく家にいらっしゃるよう、目印になるのが門松と考えられています。

また、年神様は鏡餅に宿ると言われており、松の内は鏡餅を飾って年神様をお迎えします。

  • 関東は1月1日~1月7日までお参りします。
  • 関西では1月15日までにお参りします。

地域によって松の内の期間が違うので注意が必要です。仕事、家族の行事で忙しくて松の内に初詣にお参りができなかった人は、年内に神社にお参りをしたら大丈夫です。

※松飾りは門松のことです。

鏡開きはいつするの?

お正月の門松を飾っておく期間が過ぎて鏡餅を食べる風習があります。

  • 関東では1月11日にします。
  • 関西では1月15日に鏡開きをします。

松の内はまだ年神様がいらっしゃる期間です。関東では鏡開きが1月11日となっています。

年神様がいらっしゃる期間に鏡開きをするのは年神様に対して大変失礼と考え、関東では松の内を1月15日から1月7日になったとも言われています。

鏡開きの豆知識

徳川幕府の近くにある関東では鏡開きが1月11日に変更しました。

しかし、1月11日に鏡開きを変更した事が全国に広まらなかったので、地域によって鏡開きの日取りの違いがあります。

初詣では何回も行けばご利益があるのか?

初詣にお参りに行くときは神道なら神社に行って、仏教ならお寺をお参りします。特に信仰している宗教がなければ神社、お寺どちらでもいいようです。

初詣で神社、寺を何箇所回っても大丈夫です。

神社は神様からご利益があるので何ヵ所神社にお参りをしても大丈夫ですが、お礼と将来頑張ることを神さまに伝えることが大切です。

お寺はご本尊などでご利益が変わりますが、お寺でも何ヵ所も回っても大丈夫です。

いずれにせよ、神社、お寺を回るときは感謝の気持ちを神様、仏様に伝えることが大切です。

初詣は1回だけお参りするイメージがあると思いますが、何ヵ所も回っても大丈夫ですし、特に決まりはありません。

家族が安心してすごせますように、勉強、試験などが合格できますように、お客さんがたくさんきて商売が盛り上がりますように、いい人が現れますようになど

神さま、仏様に叶えてもらいたい願いはいくつもあるかも知れませんが、1つに絞って初詣でにお参りをして伝えることが大切です。

神社、神宮の違いは?

神社について

神社にまつってある神様を祭神(さいじん)と呼び、祭神が皇室の祖先、皇族と縁の深い神社を神宮とよぶそうです。

あまてらすおおみかみがまつられる三重県の伊勢神宮、明治天皇がまつられる東京の明治神宮が有名ですね。

宮について

「宮」は神宮と同じく皇族と深い関わりがあります。

親王と呼ばれる男の子を祭神にしています。また、歴史上で大切な人をまつっている場所も「宮」という言葉がついています。

宮で有名なところは、徳川家康を祀っている東照宮、菅原道真をまっている天満宮があります。

まとめ

初詣は何回行ってもその神社によってまつっている神さまが違うので何ヵ所もお参りしても大丈夫だそうです。

もし忙しくて初詣ができてない場合でも、門松が飾ってある期間だけではなく、年内であればいつでも神社、お寺でお参りをしてもいいそうです。

こちらの記事も読んでみて下さい。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です