初詣で渋滞でいつまでも時間を消耗しない裏技!節分前が狙い目!

スポンサーリンク

今回は伊勢神宮、太宰府天満宮、明治神宮で人混みや渋滞を避けるための方法を紹介します。初詣に行くと車が渋滞してしまい長い時間待っていなければいけません。

ジョイマン
私は人混みや渋滞が苦手なので、少しでも渋滞を避けられる方法を考えて家族や子供に負担が掛からないように工夫しています。

そこで今回は初詣で長い時間待たなくてもお参りができる時間帯を紹介したいと思います。

関連記事>>【絶対に損しない】正月休みでお金を消耗しない家族での自宅の過ごし方!

初詣で渋滞した時間を消耗しない裏技は?

渋滞時間をゆっくり気ままに楽しめれば良いのですが、子供連れの家族の場合はそうはできませんよね。

空腹やトイレ、人混みのストレスなど子供からすれば辛い以外の何物でもありません。せめてもの救いは屋台なのかも知れませんね。

伊勢神宮で人混み渋滞を避けるなら

31日大晦日の夜11時を過ぎると、伊勢神宮の周りに人が集まってきます。新しい年に変わって0時になるとたくさんお参りにくる人がいます。

新しい年になったらお参りしたい人が多いですが、冬なので3時間並んでいると体が冷えて風邪をひいてしまうので注意が必要です。

元旦にお参りしたい人は4時~7時は人で混雑していないのでおすすめです。

車で神宮、神社に行くと渋滞、駐車場探しが大変になるので電車、バス、近くに住んでいる人は歩いて行きましょう。

大宰府天満宮で人混み渋滞を避けるなら

年が明けたお正月、三が日にお参りにくる人は200万人以上越えるそうです。車が渋滞するピークはおおみそかから年が明けた3日にかけてお参りにくる人が多いです。

年が変わったあとにお参りに行きたい人は、1月1日の0時は行かないようにしましょう。2、3日の三が日は、昼間でも参道から混み合うので、4日以降に初詣に行きましょう。

元旦が過ぎても昼間は、3日まではたくさん人がお参りにくるので、夕方の5時すぎに行きましょう。

4日目になるとお参りにくる人が少なくなるので5日くらいに行くのがおすすめです。

明治神宮で人混み渋滞を避けるなら

東京で有名な神宮なのでお正月にくる観光客も多いです。31日の夜11時~1月1日朝方の3時まではお参りにくる人が多いので、待っている時間が4時間かかることもあります。

1月1日午前3時~5時頃は、31日の11時からきていた人が帰るので、早めにお参りしたい人におすすめです。

三が日の17時から神社が閉まるまで

三が日までにお参りする人は多いです。毎年朝8時~16時までは人で混み合っているので、元旦は19時に閉まって、2日~3日は18時30分は昼間に比べて混雑していません。

三が日を過ぎてから神社に行く

三が日までにお参りしますが、年が明けた3日間は人が多く、人がたくさんいる所が苦手な人は5日に行きましょう。

お正月から3日は人で混雑しているので、お守り、おみくじを買うことができません。

そのため人混みが減る4日以降でゆっくりお参りしたい人におすすめです。

有名な神社以外でもお正月から3日までは、人で混雑して待ち時間が長いので小さい子ども、赤ちゃんがいる家族は行くのを避けた方がいいと思います。

初詣は節分前に行った方がいいの?

人混みが本気で苦手で絶対に避けたい!という場合は初詣は節分までに行くことをおすすめします。

ただし、節分の時期をすぎると暦では春に変わり、新たな年がはじまってしまいます。

できれば節分前までに神社に行って神さまに願いたいことを祈るようにしましょう。

仕事が忙しくて初詣に行くことができない人は、松の内までに行くか、どうしても難しい場合は年内で行くようにしましょう。

まとめ

年が明けた元旦、正月は神社、神宮が人で混みあっているので、時間があっというまに過ぎてしまい何もできないことが多いので、わざわざ人が多い時期に行かない方が家族、友人、恋人と楽しく過ごせます。

初詣に行くときは人が混みあっていない4日以降にお参りに行くことをおすすめします。

こちらの記事も読んでみて下さい。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です