営業やプレゼンで緊張しても汗が出ない方法とは?

スポンサーリンク

営業前やプレゼンテーションの前に汗が吹き出すほど緊張して困ってませんか?どんな有名なベストスピーカーでも実は緊張しています。

緊張はするけど汗が吹き出して体調不良になる人と有能なスピーカーの最大の違いは緊張に追い込まれるか、緊張を楽しんでいるかの違いだけです。

今あなたは緊張してしまうと焦って困ると感じているのではないでしょうか?でも安心してください。

ジョイマン
私も人前で喋るのは緊張してあがり症気味でしたが、少しずつの簡単なトレーニングで緊張を楽しむ事ができるようになれました。あなたも必ず素晴らしい営業やプレゼンを達成することができるようになりますので参考にしてください。

今回はまず緊張しても汗が出ない方法について紹介します。

※世界でも有名なベストスピーカーと言えば、、
スティーブ・ジョブズやオバマ前大統領が挙げられます。

彼らがなぜ緊張を楽しむ事ができているかというと

徹底的な準備をしているからです。

最高のパフォーマンスを発揮するために準備を徹底的行う姿勢に私はとても尊敬しています。ジャンル違いかも知れませんが、テレビに出演している漫才コンビも凄いと思います。彼らも物凄い練習量ですから。

緊張して汗が出た時の対処方法は?

まず初めに緊張を楽しむためには体をリラックスさせ脳に楽しむ準備をさせる必要があります。そこで有効なのがセルフマッサージです。

ポイント1:ツボ

手首の関節、小指寄りの端部分を押すと不安な気持ちを落ち着かせてくれます。ツボは強く押しすぎないように腹式呼吸しながら気持ち良い強さで押してください。そうすると体内の氣の流れが良くなりリラックスできるようになります。

ポイント2:腹式呼吸

緊張したときは腹式呼吸をすると心身をリラックスした状態になります。普段から1日3分間でもOKですので瞑想をやってると呼吸が上達しプレッシャーに強くなります。

腹式呼吸を普段しない人は意識して鼻から息を吸ったら時間をかけてゆっくりと鼻から吐きましょう。

※お腹をふくらませるイメージで、鼻から息を吸って、お腹をへこませるイメージで鼻から息を吐きます。

3分間瞑想のやり方入門

緊張する時に効くどこでも簡単にできるストレッチ

筋弛緩法

筋肉に力をいれたあとに一気に力を抜くことで緊張をほぐす方法です。リラックス効果だけではなく肩こり、腰痛対策に効果があります。

力を抜いたあとに全身の血が流れて楽になります。筋弛緩法はどんな場所にいても簡単にできるので、緊張しそうだなと思ったら実際にしてみてください。

※ほぐしたい場所に対して7~8割の力で5~8秒力を入れます。ほぐしたあとは力を抜いて、10秒くらい力を抜くとリラックスした気分になります。イスに腰掛けてすることをおすすめします。

首のほぐしかた

  1.  首の後ろで手を組みます。
  2. 首を後ろにそらしながら力を入れます。
  3.  組んだ手は前に力をかけて首を支えましょう。
  4. 組んだ手を首から離して、全身の力を抜いてリラックスし首は後ろに倒れます。

※1〜4までを3セット行ってください。

肩のほぐし

  1. イスに座る部分を両手でしっかりつかみます。
  2. 肩を丸めるようなイメージで上の方に力をかけます。
  3. つかんだ手を放して力を抜きます。

※1〜3までを3セット行ってください。

腰のほぐし

  1.  前かがみになりひざの裏側を手でもちます。
  2.  腰をそらせたあと背筋をのばします。
  3. 手を放して力を抜いてリラックスします。

※1〜3までを3セット行ってください。

漢方薬で汗を抑える方法

ほぐし体操をしてもリラックスができないときは漢方薬を飲んで緊張をコントロールする訓練をするという方法もあります。

漢方薬にも不安感を和らげる薬があります。柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)や桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)があります。

わざわざ病院に行かなくてもドラッグストアなどで売られていますが、自分の症状にあった薬をnなら病院に行って先生に相談してください。

薬で緊張をコントロールする場合は、飲んだら症状がよくなったという経験を経て、「薬があるから大丈夫」という安心感が生まれることです。

これには良い面と悪い面があるので賛否両論だとは思いますが、どんな状況でも必要以上に不安にならないで済むので選択肢の1つに念頭に置くのも有りだと思います。

ベストスピーカーの準備方法を学ぶ

営業やプレゼンで緊張しない方法というと、プレゼン資料の作り方のような内容が多いです。でも私は世界で活躍しているベストスピーカー達のプレゼンに対する考え方や準備方法こそが最も重要だと感じています。

特にTEDで紹介されているプレゼン内容はどれもユニークで笑いがあって面白い内容ばかりです。

上手なプレゼンを見るたびに1個の視点だけでなく3〜5個以上の別の角度からプレゼンを眺めてみると「プレゼンって楽しそうだな」と感じるキッカケになるのでお勧めです。

まとめ

人前で発表するときは誰でも緊張しますが、人前に出るのが苦手な人は意識して緊張してしまうので、緊張しそうになる前にほぐし体操、ツボなどを押して気持ちをリラックスさせる準備運動を習慣化させてみてください。

あなたが必ずしもベストスピーカーになれる必要があるわけではありませんが、緊張を楽しめるようになる自分にあった方法がみつかるといいですね。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です