朝の目覚めが良くなるモーニングアロマの効果や選び方とは?

スポンサーリンク

なかなか寝付けずにベッドの中で悩んでいると、朝起きても快眠度が低くて朝が辛いですよね。そんなときはモーニングアロマが効果があります。

爽やかな気分で朝を迎えられるモーニングアロマについて紹介したいと思います。

快眠効果のあるモーニングアロマ

アロマにはたくさんの種類がありますが、モーニングアロマとして好まれる香りは柑橘系が多いようです。

もちろん柑橘系が苦手だという場合は自分にあった好みの香りを探してみると良いでしょう。

朝の楽しみを1つでも多く増やしていくというのが朝起きが辛くなくなる秘訣ですので、モーニングアロマを試してみて下さい。

レモン

レモンにはリモネンが入っているので体の血液の流れがよくなって体を温める効果があります。

朝の体温が高くなると朝起きるのが楽になります。レモンは消臭殺菌作用もあります。

グレープフルーツ

覚醒効果があるグレープフルーツがおすすめです。

グレープフルーツなどのかんきつけいのアロマは、体の血液がよくなるだけではなく、むくみ、セルライトを改善したり、代謝上がる効果もあります。

ペパーミント

頭をスッキリさせる効果があります。自分が使うハンカチ、タオルに精油を3てきつけて電車に乗っている時に鼻に当てるだけで、簡単に芳香浴ができます。

朝時間がない忙しい人でもアロマテラピーをすることができます。

ローズマリー

ローズマリーは心臓の拍動を強める働きがあるので低血圧、手、足が冷える人におすすめです。

脳の血流を増やすので集中力が上がります。筋肉痛、こりにも効果があります。

咳、気管支炎がある人にも効果がありますし、髪が抜けたり、髪の毛を育毛、白髪、フケの悩みがある人にもおすすめです。

メントール

メントールは暑い時期に使うと肌が気持ちがいい感覚になるのでおすすめです。

選び方のポイント

安いアロマオイルより少し値段が高いエッセンシャルオイル天然100%を使いましょう。

エッセンシャルオイルは紫外線でアロマが劣化しやすいので、茶色、青色、緑色などのガラス製の太陽の光を遮る瓶に入っています。

ラベルには、エッセンシャルオイル、精油、Pure Essential Oilと表示されています。植物の種類によって値段は違いますが、ラベンダー5mlで1000円はします。

百円均一に売ってあるような値段が安いものは原液をアルコールなどで薄めたり人が作った香りの成分が混ざってあるので、肌につけると爛れる可能性もあるので注意が必要です。

使い方

  1.  手のこう、手のひらにつける。
  2. ポケットティッシュに匂いを染み込ませる。
  3. ハンカチ、タオルに染み込ませる。
  4. アロマスプレーを鞄に入れる。

アロマスプレーの作り方

材料

  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水 45ml
  • エッセンシャルオイル10滴

容器に無水エタノールを小さじ1杯入れて、エッセンシャルオイルを10滴を入れて混ざるように振ってください。精製水45mlを入れてよく振りましょう。使うときはもう一度必ず振ってから使用してください。

※無水エタノールがないときは精製水でも大丈夫ですが、エッセンシャルオイルは水に溶けないのでよく振ってから使いましょう。

まとめ

目を覚ましたいときに効果があるモーニングアロマですが、買うときは安いオイルより、少し高いかも知れませんが天然オイルを使うことで効果を期待することができます。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です