寝ても疲れが取れない?眠りを激変させられる15の習慣

スポンサーリンク

身体や頭が疲れているはずなのに…寝ても回復せず気分的にも重い朝が続くと辛いですよね。

ジョイマン
私は以前、仕事ストレスで倒れた事がありました。当時は寝ても疲れが取れず苦しかったのを今でも覚えています。だからこそ、睡眠のテーマは私自身もかなり情熱がありますので、力を入れて紹介していきます。笑

今回はどうすれば眠りを変化させられるか?について、体調と真剣に向き合って学んだ快眠するための改善策や睡眠の知識を15個紹介したいと思います。

冒頭だからこそあなたに伝えたいのは、安心して下さい!あなたの眠りは早い段階で解決できるので大丈夫です。コツさえつかめば、誰でもすぐに気持ち良く眠れるようになれるということです。

それではさっそく行ってみましょう!!

ベストな睡眠サイクルを知る

あなたが快眠できない本当の理由を知ってますか?

残念ながら私はあなた自身では無いので本当の理由を知る術がありません。それはお医者さんでも同じです。

あなたについて世界で一番詳しいのはあなた自身です。

あなたの身体の健康状態を自分自身で記録してみたり実験することもできます。

最初は面倒かも知れませんが一生続ける必要はありませんので、3週間だけで辞めても良いので睡眠日誌をつけて自分のことを理解してみてください。

関連記事>>ジョイマンが活用している睡眠記録アプリ

お勧めのアプローチ

  • 1分で眠れるのは才能?実は1分で眠れるのは危険なサインだった…
  • 睡眠日誌は最初は面倒だけど最高の人生をもたらしてくれる理由
  • 眠くなければ眠らないという究極の選択肢

運動で快適に眠れるようになる方法

すっと深い睡眠に入って朝から気持ち良く目覚めるためには、適度な運動をしなければなりません。

携帯やスマートフォンなども充電が減ってないのに充電を続けると、過充電という状態になり故障の原因になったり、バッテリーが異常に膨らんだりします。

それは人間の身体でも同じです。というよりもそれ以上に身体は正直です。

適度な運動でエネルギーを消費しておけば体力を充電するために自然と眠くなります。

体が疲れているのに眠たくならない時は精神的な疲れが影響している可能性が高いです。私の経験ではヨガやマインドフルネスなどが熟睡効果が高かったです。

お勧めのアプローチ

  • スロージョギングで体温アップする人は睡眠の悩みが少ない
  • 忙しい人は片足立ち1分で脳をスッキリ運動量を上げる

食欲をコントロールすれば快眠できる

食事を摂ると胃袋に非常に多くのエネルギーが集中します。それほど食べ物を消化するというのは体に負担をかけています。

よく病気のときには「消化に良い物を食べなさい」というお婆ちゃんの知恵のような物がありますが、あれは体は病原体と戦うことにエネルギーを注いでいるので、消化に悪い物を食べると普段以上に負担がかかるからです。

ベッドに入って快眠するためには、胃袋を空っぽにしておく必要があります。

もし寝ている間も胃袋に何か入ってると消化のためにエネルギーを消費して十分な休息が取れなくなります。

お腹が空いて眠れないという時もあるかも知れませんが、夜食で空腹を満たして目覚めた時に疲れが残るのと熟睡して朝スッキリ起きられるの

あなたはどちらを選びますか?

食べ合わせを守れば消化不良は怖くない

消化に良さそうな食べ物でも食べ合わせを間違ってしまうと負荷が増えるので食べ合わせにも注目してみてください。

お肉が大好きな人は食べ合わせを上手く活用すれば消化への負担を減らして、快眠できるようになれます。

食べ合わせで最も簡単で効果が得られるのは「主食を混ぜない」です。

例えば、ご飯とパン、ご飯と麺です。消化酵素が一番パニックになる組み合わせになるので要注意です。

食べ合わせについては後日また別の記事を書いて紹介します。

お勧めのアプローチ

  • 健康に良い食事は睡眠の質も激的に向上してくれる
  • 間食を辞めて朝食までの空腹時間を長くすると快眠できる
  • 週1回夕食の消化負担を減らせば翌朝から快適に起きられる
  • 夕食は鍋料理や辛い食事で体温を上げ睡眠時の深部体温を下げる

入浴方法を変えるだけで熟睡効果はある!

寝ている間の回復力を高めるためには血液の循環を良くする事が一番良いとされています。

血液が循環することによって老廃物が排出されたり、酸素の巡りが良くなります。そのためには寝返りをうったり、リンパの流れを良くしておく必要があります。

また人間が睡眠に入るときには体温が下がり快適な睡眠状態の準備が整います。

ぬるま湯で15分ほど入浴して体温を上げて体の芯がポカポカ状態から、少し体の熱が冷め始めたくらいがリラックス状態で眠りにつくことができます。

上手くあなたに適したお風呂の温度や時間や入浴剤など快眠できる入浴方法を研究してみてください。

お勧めのアプローチ

  • 基本入浴はぬるめのお湯に15分で寝つきが良くなる
  • 冷えや疲れにはヒートショックプロテイン入浴法が最高に効く
  • 入浴の気力がない日は洗面所でお湯をためて「手だけ入浴」

行動心理学に基づいたアロマで快眠誘導するコツ

アロマが苦手という方もいますが、一般的に香りは精神状態をコントロールする力があります。

ラベンダーは快適な眠りへの誘導効果があるアロマとしても知られていますが、こうした「香り」による成功体験が増えれば、快適な睡眠をアンカリングできます。

アンカリングというのは、良い記憶を意識的に行動と結びつけることで、アンカリングした行動を行うことで、得たい結果を何度も呼び覚ます方法です。

主にプロスポーツ選手が多岐にわたり活用している方法です。

良く昔付き合ってた彼女や好きだった女性の香水の香りがすると、その女性を思い出したりしますよね。

アンカリング効果は良い方向へ使えば素晴らしい結果をもたらしてくれる行動心理学なので、是非あなたの睡眠にも活用してみてください。

お勧めのアプローチ

  • 眠りに効くラベンダーは香り付け用ではなく真正品(しんせい)を選ぶ
  • 認知症対策に有効なアロマ効果は良質な睡眠誘導にも効果を発揮する
  • 快眠のために使い分けたい5つのアロマブレンド方法はコレ

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です