仕事中に眠い時に効く短時間睡眠=パワーナップの効果と方法

スポンサーリンク

仕事中に眠いときにはパワーナップをしましょう。日本ではあまり知られていないパワーナップについて紹介したいと思います。

パワーナップの効果は?

パワーナップは約15~20分寝るとスッキリして昼からの仕事が集中できます。

昼寝を20分するとストレスホルモンが下がるのでストレスが改善されるという効果もあり、仕事の生産性が向上するという研究データーが出ています。

今まで心臓の病気にかかったことがないギリシャ人23,681人を対象に3週間30分の昼寝をする実験をして数十年間の追跡検証を行ったところ、心臓の病気にかかる確率が37%低かったそうです。

また記憶力が上がったり脳の働きが活動的になり体力よりも思考力を要する職種の場合には特に効果があります。

短時間寝ることで眠気がとれてすっきりするだけではなく、体、脳への効果が高いことがわかりました。

すでに取り入れてる企業、有名人

日本ではあまり知られていないパワーナップですが、アメリカではすでに取り入れている会社があります。

NASAはすでにパワーナップを会社で取り入れて、Google、NIKEも同様にパワーナップを導入するコトによる成果向上を採用している会社です。

パワーナップは会社の中に昼寝ができるよう音がしない部屋があるそうです。余談ですがGoogleは1台買うのに約89万円もするナップポッドを使っています。

外国の会社ではパワーナップ制度を取り入れている実践されているようです。

アメリカは海兵隊にパトロールをする前にパワーナップを取り入れています。

アメリカの会社では、積極的にパワーナップを採用している会社は、仕事をする前に寝ることで30%も仕事の効率が上がったようです。

ナップポットと呼ばれるパワーナップ専用の簡易ベッドのような物を会社に取り入れてパワーナップを推奨しています。

実は日本でもパワーナップを取り入れている会社があります。株式会社OKUTAという会社がパワーナップ制度を取り入れているそうです。

OKUTAのパワーナップ制度は、社員に1日に1回20分の短い睡眠をすることです。

仕事中眠くなった時は机に枕を置いて寝てもいい。睡眠をする前にわざわざ申請をしなくてもいいそうです。

まだまだ日本では知っている人は少ないパワーナップですがこれから取り入れる会社が増えたら、仕事の効率がよくなりそうですよね。

パワーナップの具体的なやり方とは

パワーナップをするときは、出来るだけ静かな部屋で遮光された空間が理想的です。

ただし20分以上寝ないようにしましょう。

20分以上寝るとパワーナップの効果が発揮できないだけでなく、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌が始まるため、眠気が襲って来ます。

必ず寝すぎないために目覚まし時計、携帯でアラームを設定しましょう。

ジョイマン
何十回も試しましたが、私の理想のパワーナップ時間は15分〜17分が最適でした。

寝る前にコーヒー飲んでしばらくしてパワーナップに入れば30分後にカフェインが効いてきて自然と目が覚めます。カフェインを摂ることで仕事中眠くなるのを防ぐのでおすすめです。

コーヒーがあまり好きではない人は、紅茶などのカフェインが入っているものを飲みましょう。

まとめ

パワーナップは日本では知っている人はまだまだ少ないです。

最近では快眠に関する書籍が沢山発売されているため少しずつ認知度が広まっているようですが、会社での昼寝はサボりという印象を受ける上司も多いようです。

ぜひ会社全体としての取り組みでパワーナップが広まれば良いとは思いますが、まだまだ社長や上司の理解が得られそうに無い場合は、場所を選ばず短時間の睡眠でも集中力が回復できるので試してみてください。

仕事中に眠気を感じたら仕事の効率を回復するためにパワーナップを試してみてください。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です