目標達成に欠かすことが出来ない成功回避不可能システムとは

スポンサーリンク

今日は目標達成に欠かすことが出来ない成功回避不可能システムについて話して行きます。

あなたは自分で立てた目標を途中で諦めたり、しばらく挑戦し続けたけども巨大な壁を越えることができず挫折してしまったという経験は無いでしょうか?

私も綿密な計画を立てても上手く行かずに諦めてしまう経験が何度もありますが、綿密な計画を立てた目標が失敗する時は決まって成功回避不可能システムを稼働させて無かったか、矯正力が弱かったかという事になります。

目標を達成することが出来なくなる最大の原因

あなたが目標を見失ってしまったり達成できなくなる最大の原因とは、目標を忘れ行動がストップしてしまうと言うことです。行動し続けるコトで可能性はゼロでは無くなりますが、逆に行動を停めてしまうという事は可能性がゼロになるという事です。

もし、私たちは目標を見失ったり忘れないように仕組みを構築しておくことができれば、かなり高い確率で目標達成することが出来るようになります。

世の中の99%の人は目標を掲げても失敗します。目標を覚えていても、何かしらの理由を付けて自分を正当化することで目標から逸れた行動を取ってしまうようになる性質があります。これを心理学用語で自己欺瞞(じこぎまん)と呼びます。

ぶどうを食べたいキツネの話し

ある森の中で1匹のキツネが木の上になっている美味しそうなブドウを食べたいなと狙っていました。でもキツネは残念ながら高い場所になっているブドウを食べる手段がありませんでした。

何度も飛んでも跳ねても届きません。木をよじ登ろうとしても上手くはいきませんでした。終いにはキツネはブドウを諦める際に「あのブドウはきっと苦くて不味いから食べなくて良かった。」と言って去って行きました。

自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理に正当化することを自己欺瞞(じこぎまん)と言います。

目標が達成できそうにない…挫けそうだ…という場合には、あなたを自己欺瞞さんが狙っていると思ってください。自己欺瞞さんから自分の身を守るための唯一の方法が「成功回避不可能システム」です。

逃げ場を遮断して行動する以外の選択肢を断つ

自己欺瞞してしまうほとんどの理由は逃げ場がある事を無意識で理解しているからです。さっきのキツネが「あのブドウを獲って来なければお前を食ってやるとライオンに脅されてたら…」違う結果やアイディアが思い浮かびそうではありませんか?

成功回避不可能システムとは単純な話しで、目標達成とは真逆の行動を取ってしまった場合のペナルティーを用意するということです。自分で課したペナルティが軽すぎると意味がありませんので自分のレベルに合った最適なチャレンジを用意する必要があります。

例えば、あなたの家族に赤ちゃんが産まれる時に「禁煙しよう」と決意するとします。でも吸いたくなりますよね。なので成功回避不可能システムを使ってください。

ジョイマン
家族を上手く活用して「俺が禁煙に失敗して隠れて吸っているのが発覚したら1万円払います」と家族に約束したり、場合によっては契約書まで書きます。

家族でなくても友達や職場の同僚でも良いと思います。そしたら周囲は喫煙している現場を見つけたら1万円が貰えるものですから、楽しみながら積極的にチェックしてくれるようになりますよね。コレが目標を達成するために大切なポイントなのです。

  • 忘れない仕組み
  • 自己欺瞞さんに狙われない仕組み

以上の2点を抑えて目標達成するための行動を継続することによって、あなたには必ず良い未来が待っていますので、本気で目標を達成するんだ!という覚悟があるのであれば自分へどんどんプレッシャーを掛けて挑戦してみてください。

それでは本日は以上となりますが、こうした単純だけども爆発的な効果が見込める方法をどんどん取り入れていくだけでも、目標を達成することがゲーム感覚で楽しくなっていくのでこれからも楽しみにしててください。

それではまた次回も目標達成に関する面白い内容をお届けしていくので楽しにしててください。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です