集中力を引き出す姿勢の極意と○○の習慣だけで仕事速度が倍増できる

スポンサーリンク

あなたの仕事中の姿勢はどんな姿勢ですか?今日は集中力を引き出す姿勢の極意と定期的なある習慣を仕事中に取り入れるだけで、集中力が高まり仕事速度が倍増できる方法について話していこうと思います。

正しい姿勢と聞くと必要だとは理解ってても維持するのが苦しいというイメージがありますよね。私も姿勢が悪い方だったのですが、姿勢を意識的に矯正するようになってからは本当に集中できる時間が伸びて残業する機会が減ったという感じです。

しかもデスクワークが続くと腰痛が酷かったのですが姿勢を意識するようになってからは、腰痛も減りましたね。

「集中力」というテーマで多角度からアプローチすることでも体調に関するさまざまなメリットが得られるので今回の方法も早速取り入れてください。

姿勢を整えることのメリット

私自身が姿勢を整えて良い効果があったなと感じるコトを思いつく限り書き出してみたいと思います。

  • 1回の呼吸が深くなり脳がスッキリしている
  • 腰痛が減って身体の痛みのストレスが激減
  • 職場の人からも姿勢が良いと褒められる
  • お腹周りのラインが引き締まるようになった
  • 肩こりや首の痛みによる頭痛が減った

身体が元気になります

姿勢を整えることで前頭葉の働きが活性化されるという効果がありますが、これは姿勢が整うことで横隔膜などの呼吸に関連する筋肉の働きが正常に稼働するため、前頭葉へ多くの酸素が供給されるようになるからだと言われています。

人間が活動するうえで酸素は最も重要な役割を担っている要素です。だから体内へ取り込まれる酸素をどれだけ効率的に質を高めて、全身に送り込むことが出来るかという考え方1つでもライフスタイルを一気に向上させることができます。

今回も高品質な酸素を体内へ送るための1つのポイントとなる姿勢というテーマですね。

集中しやすい正しい姿勢の座り方

集中しづらい姿勢のチェックポイント
  • 背中が丸まっている
  • 肘掛けやデスクに肩肘をついている
  • 腰が背もたれに寄りかかっている
  • 脚を組んでしまっている

あなたがこの中の1つでも当てはまるなら意識的に改善することが出来ますよね。まずは認識することが大切です。

また最初のうちは姿勢を何度も矯正していくので、疲れるし面倒くさいと感じる場合もあるかも知れませんが、実はこうした摩擦が生じる時はチャンスです。

基本的に人間は本能的に面倒臭いと感じたことや疲れる事は苦手なので、すぐ辞めたいと思います。

でも、姿勢が悪いと人体的に悪い影響があることは理解できてますよね。何をすれば健康に悪いか理解ってるのに面倒くさくて辞めてしまうのです。

これが本能と理性の摩擦です。

こうした摩擦を乗越えることで新しい習慣が生まれ人生を好転させていくことが出来るわけですが、こうした摩擦を受け入れて理性を鍛えていくコトを繰り返すことにより前頭葉が活発になり、高い集中力を手に入れていくことができます。

正しい姿勢でも15分に1回立ち上がると…

正しい姿勢でデスクワークをしていたとしても15分に1回の頻度で立ち上がるだけで脳がクリアになります。さまざまな研究から人間は15分以上座ると学習時の吸収能力や集中力が低下してしまうという研究データーが出ています。

椅子に座る習慣が多い人は日常的に運動をする習慣を持っていたとしても1日6時間座る人と1日3時間だけ座る人では15年以内の死亡リスクが40%増える可能性があることからも、意識的に正しい姿勢と立ち上がるコトは集中力に大きなメリットがあることが分かります。

今日のポイントは前頭葉を刺激して集中力を鍛える。その為には姿勢を正して背筋に注意を払ったり、深い呼吸や定期的に立ち上がるなどの工夫で脳をクリアーにしてあげることも大切だと言うことです。

集中力を磨いていくためには1つ1つを着実に実践していくことが大切ですので次回も楽しみにしててください。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です