スポンサーリンク

ジョイマン
煙草を吸わない社員へ有休を増やすという面白い話題が飛び込んできました。薄毛で悩む男性視点で私なりに、今回の非喫煙社員の枠に入ることで3つの側面で100%得をすると感じたので紹介します。

   この制度の名前は「スモ休」。非喫煙者に年間6日の有給休暇が与えられる。導入するのはウェブマーケティングを手がけるピアラ(本社・東京都渋谷区)。同社サイトの2017年8月の発表によると、勤務時間内外を含む非喫煙者で、かつ6か月以上勤務している正社員に対し、従来の有休に加えて1年あたり6日増える。9月1日から実施するという。

引用元:J-CASTニュース

煙草を吸うコトの被害!?あなたが知らない3つの真実

喫煙者の立場から考慮すると煙草を吸わないだけで有休が増えるなんて全く面白く無い話だと思います。ただでさえ東京オリンピックが近づくにつれ、外国人観光客の増加を見込んで飲食店でも禁煙措置のお店が増えたり全くを持って面白く無い。

とは言え他人から強制された禁煙は無理やりでも吸い続けたくなるものですが、煙草を吸わない事によるメリットをあなたが聞いて自分自身で判断すれば煙草との付き合い方も変わるかも知れません。

煙草にはイライラ増幅装置が仕組まれている

煙草の危険性は肺ガンだけではありません。血流が悪くなるので酸素が十分に体中に行き届きづらくなり、仕事でのイライラが溜まりやすくなります。もちろん職場では我慢できてたストレスが家庭で爆発なんて散々な結果になったことも多々あります。

ストレス+血液の質が落ちる=薄毛の原因

仕事でストレスを感じた時に煙草を吸う習慣を持つ人は、将来的に薄毛やハゲで悩むリスクが非常に高いと言われています。将来的にと言わずとも既に薄毛の悩みを抱えているかも知れません。

煙草を吸うことによって髪の毛がどんどん薄くなり、AGA(男性型脱毛症)の発症リスクが必然的に高まります。ストレスの解消法を少しずつ変化させる必要があります。例えば、私が成功できた1つの選択肢としては3分間瞑想が効果抜群でした。

【驚愕】20代前半から薄毛で悩んだ僕が180日間でフサフサに!

大切なポケットマネーが国の餌食!

あなたが汗水たらして働いたお金。せっかく稼いだお金ですが、実際には所得税を引かれ源泉徴収されたり、市民税や消費税など日本で暮らす以上は嫌になるほど税金が引かれます。

原価73円の煙草に400円以上の税金を払ってると思うと、本当に良い商売の餌食だなと感じましたよ。。。煙草に費やしていたお金をインターネット副業などの資金にすることで、第2の新しい収入のチャンスを得ることができます。

【1箱410円の場合】

  • JTの利益・・・約29.8円
  • 小売店の利益・・・43円
  • 葉たばこ代・・・約27円
  • 製造工賃など・・・45.8円
  • 国たばこ税・・・106.04円
  • 地方たばこ税・・・122.44円
  • たばこ特別税・・・16.40円
  • 消費税・・・19.52円

税金は264.4円で64.5%。
製品原価は73円で、原価率17%。

※参照:『値段のカラクリ』金子哲雄 著 / 集英社

喫煙も禁煙も自由だけど成功する近道は、

成功と言っても人それぞれ定義が違います。何をもって成功なのかはあなたが決めるコトですが、私なりにタバコを吸わない社員への有休増加制度を薄毛で悩む男性視点で考えてみた結果として禁煙した方が成功する近道だなと感じました。

タバコを吸うコトで仕事のストレスが増幅して、イライラに執着してしまいます。更には肺ガンのリスクだけでなく、血中の酸素欠乏により薄毛やハゲの危険性も高まります。結果的に頭皮や髪の悩みが増えて更なるストレスで悪循環に陥ります。

しかも育毛剤が必要ともなれば育毛のためのお金が必要になる訳ですから、タバコ税を1箱あたり250円以上収める必要性から自分を開放させてあげても良いんじゃないかなと思います。

だってもう煙草を手放せなくなってる時点で、国の狙い通りに税金を収めてくれてるわけですから。

1日でも早く煙草を手放して、人生のチャンスを広げて欲しいなと思います。

そんな意味でも今回のタバコを吸わない社員への有休増加制度は、上手く活用すれば新しい収入源を構築するチャンスでもあると思います。

休みだからってお酒や煙草まみれで税金を収めまくるのも1つの選択肢なのかも知れませんが、国のカラクリが解った以上は私に昔のような生活はできません。

というわけで、タバコを吸わない社員への有休増加制度はメリットが多すぎるので賛成です。

保険の見積もりをしてタダでプレゼントを貰う裏技

この出来事に対する世間でのご意見

名無しさん 21時間前
その前に中小企業では都市伝説と化している”有休完全消化”を実現してあげて欲しい
名無しさん 21時間前
確かにそうだよなぁ。喫煙者が離席しても「ああタバコか」だけど非喫煙者が離席すると「何やってんのお前?」みたいになる。今まで喫煙者はずるいと思った。
名無しさん 21時間前
それ以前に有休なんて使えないんですが
名無しさん 21時間前
タバコ吸っている時間は「一服」なので、休んでいる(サボっている)。
しかもそれだけじゃなく、喫煙所で話が進んでいることも多くて、場所によっては評価にもからむ。
禁煙派からすると、そんなのが評価されるのが何よりも解せない。
ぜひこの制度を導入してもらいたい!
名無しさん 21時間前
追加の年休欲しければタバコやめればいいだけのこと
なにも難しいことはない
名無しさん 20時間前
いるよね、一服して来ますって人
喫煙者の中では常識かも知れないけど…
その間も、一服してない人は仕事してるよ
非喫煙者が、じゃコーヒータイムして来ますねって言ってるのと同じ
コーヒー休憩は良いのにタバコの一服がNGだとしたら良い気しないでしょ?
たかが一服くらいでって言うなら、その時間他の人はコーヒー休憩くらい取って良いよなぁ
名無しさん 19時間前
喫煙時間は堂々と席を離れられるのに、非喫煙者は簡単には席を離れられないという環境に置かれている人が沢山いるだろうから、不満も分かる。
喫煙時間位というけど、積み上げるとかなりの時間になるのは事実。
名無しさん 20時間前
うちの社の喫煙所は屋外にあるよ。
冬は極寒、夏は炎天下で必死に煙草吸ってる姿を見ると、休憩羨ましいとは思えないし、3分くらいで帰って来る。
煙草で20分は、流石に遊んでるだろ。
名無しさん 19時間前
喫煙所での話、飲みの席での話、
そういうのが大事なんだって力説してる上司がいる。
タバコ吸わないし酒もそこまで好きじゃない。
何よりそんな勤務時間外のところで大事な話されたり評価されたんじゃたまったもんじゃない。
名無しさん 19時間前
よく、タバコを吸わない人が「ずるい」と言いますが、私が行っていた会社は三時位にタバコ吸おうが吸うまいが小休憩(基本的に有給で、タバコを吸わない人はコーヒーを買いに行ったり、マッサージチェアに座ったり)を取るところが多かったですけど、そういう休憩時間を作りましょうと言った方が建設的ですよね。
適度にリフレッシュした方が効率的ですし。
名無しさん 20時間前
有休が増えても、消化しづらいことも多いので、個人的には手当が増えれば良いと思う。
名無しさん 19時間前
私はタバコ吸いませんが、業務時間に抜けてタバコ吸いに行くなら理解できるけど、昼休憩やプライベート時間しか吸わない人なら納得できない話だと思う。タバコ以外にも、業務時間中に無駄な時間使ってる人多いよね。
名無しさん 20時間前
とれるか分からん有休より、月々1000円でも手当てが欲しいわ
名無しさん 20時間前
大前提で有給が消化できるという素晴らしい会社だということ。
喫煙者であってもこんないい会社に勤めているのだから私からしたら非喫煙者と有給に差があっても構わないね。それで喫煙所に行けるのだから。非喫煙者は有給増えて良いことずくめだと思う。
名無しさん 17時間前
タバコを吸う、吸わないに関わらず一定時間ごとの適度な休息は大事なので全員に1時間ごとに5分程度のリフレッシュタイムを与えてタバコを吸う人は吸いに行けばいいし、そうじゃない人は運動をしたり目を休ませるなど平等に扱えばズルだとかの話にならないのでは?私の会社はそういうスタンスでやっています。
名無しさん 19時間前
タバコ吸うために席を外す云々より仕事の結果を残すことが大事なのでは喫煙者だけど仕事出来る人、タバコも酒もやらないけど全く使えない社員を何人も知っている。
名無しさん 21時間前
一般的には有給増やしても取得きしれずに終わる日本社会。増やすだけなら会社に損はない
名無しさん 19時間前
そもそも、そういう人に限ってめったに有休取らないし、取ると仕事が溜まっちゃうポジションにいる確率高いと感じる。
名無しさん 19時間前
俺は喫煙者だが、仕事中は絶対にタバコ吸わない。その場合は、有給もらえるのかな?
っていうか、そもそも仕事中くらいタバコ吸うの我慢できるけどなぁ
名無しさん 19時間前
喫煙者だが、病院で働いており、仕事中にタバコ吸いに外へ出る事はない。有給に関しては全て消化しろと上が言ってくる。有給は取れない事もなく、不意に休んだ場合の保険にも出来る。
仕事が違うと、こうも違うのか…
有給は働く者が得られる当然の権利。
喫煙者、非喫煙者は関係無く有給が消化出来なくてはいけないだろ。
名無しさん 19時間前
禁煙者と喫煙者が同じレベルで仕事しているかどうかによると思う。喫煙者でも短時間で仕事できる人もいれば、禁煙者でもノロノロと仕事してる人は意味がない。
名無しさん 18時間前
私は非喫煙者ですが、この考えは賛成出来ないな。そもそも考え方がおかしい。
休憩取ろうが喫煙しようが仕事を効率良く終わらせれば問題ない。長く働いてる人が評価されるのとなんら考え方が変わらないと思いますよ。
仕事が終わるか終わらないか、会社に利益を出せるかが最優先事項じゃないんですか?
長く働いてることが正義という考えが多いことにそろそろ危機感持った方が良いんじゃないかな。
この会社の社員の意見を社長が取り入れたことを評価するのならわかりますけどね。
名無しさん 19時間前
有給の完全消化もしたことないのに有給増やされたとしてもね〜。
喫煙者の多い上級職員じゃ、なおのこと有給なんて取りにくいよね。
名無しさん 19時間前
勤務時間やタバコ休憩よりも業務効率や実績で評価していただきたい。喫煙してても仕事が終わっていれば問題ないし、非喫煙者でも仕事が終わってなければ意味がない。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です