台風対策について!なぜコロッケが非常時の食料になったのか?

スポンサーリンク

台風=コロッケという謎について私は最近初めて聞きました。

台風対策を真剣に考えるなら窓ガラスが割れないようにするとかじゃないの!?と突っ込みたくなる話ですが、一度不思議だと感じたらじっとしてられません。

今回は台風対策になぜコロッケが非常食として好まれるようになったか由来を調べることにしました。

ジョイマン
調べてみると実はちょっと古くから台風コロッケはあったようです。もしかしたら、秘密のケンミンSHOWみたいに、我が家の台風食料を調べると面白いかも知れませんね。

台風対策について調べたかった方は、本文の最後に「本気で役立つ!今すぐできる台風対策11選」を紹介しておりますので、スクロールしてそちらを読んでください。

 

台風コロッケの起源は2001年夏

台風コロッケという謎の文化の起源は2001年まで遡ります。台風11号上陸について掲示板サイト2ちゃんねるで台風実況スレッドがあったそうです。

111 名前: こちら横浜 投稿日: 2001/08/21(火) 13:10
念のため、コロッケを16個買ってきました。
もう3個食べてしまいました。

126 名前: 東京南西部 投稿日: 2001/08/21(火) 13:11
>>111
コロッケ買いすぎ!

144 名前: 東京都田舎区 投稿日: 2001/08/21(火) 13:13
コロッケ食いたい
買ってこよ

292 名前: ももんがももちゃん@川崎 投稿日: 2001/08/21(火) 13:23
>>111
買いすぎ・・・
でも、食べたくなっちゃったな、コロッケ。

400 名前: osaka@北区 投稿日: 2001/08/21(火) 13:30
コロッケスレ、、、(ボソ

413 名前: 東大阪 ◆LovER6WM 投稿日: 2001/08/21(火) 13:31
コロッケ祭かよ!

動画ニュースチャンネルでもコロッケ台風の由来を紹介

大手スーパーがコロッケを大売り出し!

一部のコロッケ好きだけの台風対策の食料かと思いきや、2001年以降に2ちゃんねるで台風コロッケ旋風が起きてからは台風のときにはコロッケを大売り出しする肉屋さんやスーパーが増えました。

本気で役立つ!今すぐできる台風対策11選

というわけで台風コロッケについては私が気になって調べて物ですので、薄いネタやな〜と思われてもせっかく当ブログに来てくれた方に申し訳ありません。

ですので、最後にあなたが台風の影響で災害にあったり怪我しないためにネタではない台風対策として、台風が来る前に点検しておくべき自宅の場所を伝えたいと思います。

PR:台風などの強風の際には台風に強い傘が1本あると便利です。

1.窓ガラスの補強はされているか?

風の力だけで窓ガラスが割れるというのはあまり多くはありません。ただし、風の力で吹き飛んできた端材や物が窓ガラスにあたって割れることはあります。

台風の影響で窓が割れてしまう場合、一番注意しなければならないとはガラスの破片が飛び散ることです。防護フィルムなどを貼って割れても飛び散らないようにしておくことが大切です。

2.ベランダの不要な物は落ちてないか?

軽くて面積が広い物は台風で簡単に吹き飛んでしまいます。ベランダの不用品だけでなく盆栽や鉢植えなども極力、壁際に寄せたりして風の影響を受けにくい場所へ移動しておきましょう。

3.雨戸が劣化して無いか?使えるかの確認

雨戸は窓を守る最も強力な手段の1つです。ですが、実際に今回の台風は風が強いぞ!と暴風雨の時に閉めようとしても、砂や埃が詰ったりして動きにくく手間取る場合もあります。

雨戸の劣化や可動状況を事前に確認しておきあしょう。

4.懐中電灯や非常食はあるか?

懐中電灯や非常食はイザというときに本当に重要です。非常食も何十日分も必要はありません。

日本の場合は救助救援に3日分の非常食や充電環境があれば、自衛隊などの救援活動により生き延びる事ができます。

コロッケは外に出られないときの非常食ですが、災害時の非常食になるかは自己判断でお願いします。

5.住んでる場所は浸水地域では無いか?

あなたが住んでいる地域や地区は冠水地域では無いと思い込んでいませんか?

少し高い場所で安全だと思ってても実は思い込みで「国土交通省ハザードマップ」をチェックしてみると冠水地区だったり、土砂災害の危険がある場合もあります。

一度でもチェックしておくと今後の参考になるので確認してください。

6.屋根に異常は無いか?

屋根の瓦が吹き飛んでしまうと普段は家を守るための瓦が凶器になってしまいます。瓦のズレやひび割れなど定期的に点検が必要です。

もし、屋根に異常や違和感を覚えたら早急に修理業者さんに相談してみてください。

7.雨どいは詰って無いか?

私は小さい頃から年末年始には、窓磨きと雨どいの掃除係でした。長年放置していると砂埃が溜まって泥になってたり、枯葉やゴミがつまって雨水が流れなくなってしまいます。

雨どいが詰って上手く水が流れないと場合によっていは屋内に浸水することもあるので、要チェック項目です。

8.外壁にヒビは入ってないか?

新築の場合は心配ありませんが、何年も住んでいる自宅の壁にはヒビが入っていることも多いです。

小さなヒビを放置していると強い雨や風、雪、温度差などによって壁が浮き上がってしまい被害が侵攻する場合があります。

ひび割れや壁の浮き上がりは住宅寿命を縮めてしまうので、早めに専門家へ相談してみてください。

9.浸水しないように対策はできてるか?

台風と同時に大量の雨がふり床下浸水してしまわないように土嚢(どのう)は有効です。

ただ土嚢は重たく置き場所に困るので、最近は水につけるだけで膨ら給水ポリマーが袋の中に入っている防災グッズも販売されています。

未使用の場合は単なる袋ですので、折りたたんで収納できることから機能性に優れ人気です。

10.住宅に被害が出た時の損害保険は用意できてるか?

台風や雷、地震にも対応している損害保険プランに加入してますか?火災保険だけだと保険の種類によっては台風などでは保険がおりない場合もあります。

必ずあなたが加入している保険は何を保証してあなたを守ってくれる物なのか、改めて見直して見ましょう。理解らない場合はプランを見直したいなど相談して担当者に来てもらうのが良いかも知れません。

11.災害後のリフォーム詐欺には要注意

災害のあとは必ずと言っていいほど精神的に弱った家主を狙って悪徳業者が動き出します。

リフォーム詐欺など無料点検などを謳って自宅に上がりこんで、後から高額請求してくる野蛮な業者もあります。

基本的には相手から自宅へ訪れるタイプの訪問営業は無視して、自分で調べた業者を当たるのが良いです。

悪徳業者の場合は交渉のプロです。優しく真面目で誠実そうなタイプでも「既に依頼している親しい業者さんが居るので帰って下さい」と最後までしっかり断り、話を聞かない事が大事です。しつこいようでしたら、警察呼びますよと言えば帰ってくれます。

まとめ

台風は強烈な風の力によって思わぬ事故が多い自然災害です。私の祖父の自宅も隣の家のテレビアンテナが壊れて屋根に刺さったという事故がありました。

私の祖父は介護入院中だったので、自宅を空けており隣人はアンテナを撤去した後に黙って放置してしまいました。

刺さった穴から雨水が侵入し自宅が屋根裏から腐れて、古い家だったことと誰も住んでなかったので、結果的に取り壊す事になりました。

台風に限らず災害は起きてからでは遅いので、可能性があるのであれば1つでも懸念されるポイントを解消しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です