2018年版 初詣の厄除け一覧!必要な男性と女性は何年生まれ?

スポンサーリンク

そろそろ本厄かな?と思いつつも何歳で厄除けするのか知らないでいると、初詣で本年の厄除けが必要な方という一覧をみて「今年かよっ!」と気付く場合も少なくありません。

もちろん初詣へ参拝した時にお願いする場合もありますが、今日は初詣だけと思ってたけど、神社で厄除けが必要だと気付いた場合でもすぐに出来ないこともありますよね。

厄除けって行った方が良いのかな?と思う事が在るかもしれませんが、もし事前に自分がいつ厄除けの年なのか把握できていれば予定調節が楽になり行きやすくなります。

どこの神社やお寺でもOKです。

というわけで、2018年の厄除け祈祷で厄払いが必要な男性・女性は何年生まれなのかご紹介します。

関連記事>>【絶対に損しない】正月休みでお金を消耗しない家族での自宅の過ごし方!

厄除け祈願とは?

厄祓いとは生活をしている中で自分自身に怪我、事故などが起きないように祈願することです。

男性の厄除け豆知識

男性の厄年の中でもとして42歳で大厄(たいやく)という物があります。その由来は平安時代にさかのぼりますが、当時の男性寿命が42歳であったからでは?という説があります。

今の時代では考えられないほど若いですね。

とは言え、現代でも40代に入ると仕事のストレスや生活習慣の乱れから大腸癌や生活習慣病による体調不良の男性が急増する年でもあります。

昔から要注意とされる年齢なのであなたも自分の心身ともに気を配る良い機会です。

女性の厄除け豆知識

女性の場合の厄年の中でも注目すべきは33歳での大厄(たいやく)です。男性とおなじように大厄に際して女性特有の病気になる人が多いです。

また、33歳という年齢の前後では家庭内不和などにより離婚率が高まるとも言われて生き方、考え方、捉え方を見直すタイミングなのかも知れません。

厄除けの時期は?

厄祓いの時期は地域によって違いますが、年の節目である新年、正月、元旦から節分にすることが多いそうです。

厄年を無事に過ごすために祈願するので厄払い時期にできなかった人は、厄年の残りを無事に過ごすため神様へご祈祷されてください。

おそらくこの記事を読んでくださっているあなたは「神様にお祈りなんて必要ないぜ!」って言うタイプの方では無いと思います。

どんなに忙しくても厄払いの祈願は遅くなっても厄払いはされたほうが良いです。

改めて自分の人生観をリセットしたり、見直すキッカケ作りになりますので遅れても神社へ参拝されてください。

祈祷料金はどれくらい準備しておくと良いの?

祈祷料の相場は、5000円~10000円だそうです。

神社、お寺によって金額が違いますが厄払いする料金がかかれていないときは、事前に準備しておくために神社に連絡してみてはどうでしょうか?

連絡をしても「お気持ちですので」と金額を言わない神社様もあるので、その場合は5000円~10000円から考えましょう。

例えば、明治神宮の祈願料金は5000円~3万円まであります。

一般的な料金は、5000円、1万円、3万円の3種類が祈願するための金額です。3種類の料金でお礼の品が変わります。

大祈願祭、(5万円)、特別祈願祭(10万円)、特別大祈願祭(30万円)などがあります。

今年の厄払いが必要な男性、女性は何年生まれ?2018年版

2018年の男性

男性の前厄 男性の本厄 男性の後厄
24歳
1995年
平成7年生
25歳
1994年
平成6年生
26歳
1993年
平成5年生
41歳
1978年
昭和53年生
42歳
1977年
昭和52年生
43歳
1977年
昭和52年生
60歳
1959年
昭和34年生
61歳
1958年
昭和33年生
62歳
1957年
昭和32年生

※年齢は数え年での年齢です。

2018年の女性

女性の前厄 女性の本厄 女性の後厄
18歳
2001年
平成13年生
19歳
2000年
平成12年生
20歳
1999年
平成11年生
32歳
1987年
昭和62年生
33歳
1986年
昭和61年生
34歳
1985年
昭和60年生
36歳
1983年
昭和34年生
37歳
1982年
昭和33年生
38歳
1981年
昭和32年生
60歳
1959年
昭和34年生
61歳
1958年
昭和33年生
62歳
1957年
昭和32年生

※年齢は数え年での年齢です。

まとめ

2018年が厄年の人は自分の生まれた日に当てはまるか確認して厄年の人は神社、お寺などで厄払い祈願をすることをおすすめします。

仕事、子育てが忙しくてお正月にお参りができない人は、節分が終わるまでに厄払いに行けない人は、それ以降でも厄払いをしてくれるそうなので神社、お寺で厄払いをしてくれるのか?電話できいてみてはどうでしょうか?

自分自身に何も怪我、事故がなく安心して過ごすために厄払い祈願は大切なので時間があいているときに家族と一緒に訪れてみてくださいね。

神社に行かれた時は厄除け祈願だけではなく厄除けのお守りを買っておくことをおすすめします。

こちらの記事も読んでみて下さい。

スポンサーリンク

無料メールマガジン

まだ会社給料だけで生涯安心して生活できるとあなたは考えているのですか?

個人で稼ぐ力を磨いて2022年に備えておきたい場合は、行動力と意志が弱い自分から稼げる才能を引き出す無料講座を実施してます。

自由な未来を目指して副業で収入を増やしたいという初心者〜実績が出ない中級者のための突破口をお探しの方はこちらの無料講座へ登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です